フィリピン からの手紙                                                 平成23年3月
 
メ アリー ジェーンの前の手紙go        次の手紙次へ

  今 回報告に移動戻る

 次 回報告に移動次へ

 ページ最下段に移動

                 2011
314
  愛するフルダミニストリーの皆様

 今日は、ここフィリピンでいろいろなニュースが
 飛び交っています。
 例えば、
 「昨日の16時30分、日本政府が、福島原子力発電所の放 射能 
 漏れを確認。アジア各国はそれに対する必要 な対策を
 とらなければならない。
 最初の二十四時間は屋内に留ま るように、ドアと窓を閉める、
 放射線はまず最初に甲状腺を直撃するので、甲状腺のある
 首や皮膚をよく 拭く。
 放射線はフィリピン時間、本 日、三月十四日の午後四時に
 フィリピンを直撃するかもしれない」というものです。

v4-017

    私たちはちょうど マーケットに行ってきたところで、
    私は今、母親のオフィスにいます。
    私たちは、何の準備(放射線対策)もしないまま、これから歩いて
    家に帰ることになります。

    まさに、私たちは、この世の終わり(終末)の時代に生きています。
    ですから、私の部族センターを造る夢は、
    一体本当に価値のあるものだろうか?と考えてしまいます。
    しかし、少数部族への迫害はますます強くなっているのです。

v4-037

  この三月一~三日、デュマガッ ト部族共同体の中で「はしか」が発生、流行し、
  二人の子どもが死亡したので、私たちは大人、子ども合わせて三十人の
  デュマガット部族の人たちを私たちの伝道所(宣教舎)に泊めて、食事を提供しま した。
  彼らは、僻地に住んでいるため十一時間かけて、歩いて市街地の病院に行くことに
  なっていました。

  現在、エイタ部族の家族は、生 計のため、サヤエンドウなどの野菜を植えています。
  私たちは、他の部族がいつ来てもよいように、伝道所の裏で、養鶏をすることも
  計画しています。本当に主が来られるのは近いです。
  しかし主の再臨のときまで、私たちは考えているプランを実行していきたいと思い ます。

  いつ も、日本にいる皆様のことを祈っています。

             メア リー・ジェイン(Mary Jane

              2011321

  親愛なるフルダミニ ストリーの皆様

  主は、いま揺さぶっておられます。
  本日の午後六時三十分、首都マニラおよびその周辺でマグニチュード5.7の地震がありました。
  五分間続きましたが、揺れは緩やかなものでしたので、それによる被害や事故はあ りませんでした。

  火山学者によると、断層線が揺さぶられたということで、フィリピン も日本のように活発な
  地震帯の上にあるので、断層が動いたことにより地震が起きたのです。
  ニュースによりますと、さらにもっとひんぱんに地震がフィリピンに起きるかもしれない
  とのことです。
  また1990年七月に起きた地震よりもおそらく大きな地震が、今後襲うかもしれないので、

  みなが備えるようにとのことでした。

 私たちの家族は、フィリピンにそのような災害がいつ起き ようと、
 天に召されても良い覚悟(準 備)ができていることを
 話し合いました。

 聖書でのヨブの言葉
 「主は与え、主は取られる」(旧約聖書ヨブ記121節)

 のとおりです。

v4-056

  先週末(三月十九~二十日)私は、母、エゼキエル、エイタ部族の家族とブラカンにあ る伝道所で、
  過ごしました。

 そこで、土地の所有者と再び話をすることができました。
 そして、ついに彼は、今売りに出している土地の二分の一(約4,000㎡=1,212坪)を私たちに
 売却することを合意したのです。

 「主よ、感謝します!」

 私たちは、すでに二台あるジプニー(jeepney)のうち一台を
   売って、手付金を支払いました。
  ですから、今後多くの残額の資金集めをしなくてはなりません。

  ど うか、このことについて、私たちのためにお祈りください

flr009

  この世に借金することは聖書的ではないので、フルダミニストリーでは、借金を直ちに 返済できる
  ように、極力支援する旨、メアリー・ジェーンに伝えました。

 だれでも、手を鋤につけて から、うしろを見る者は、神の国にふさわしくありません」 ル カ962

 しかし、いったん、すきに手をかけたことを覆すことも、聖書的ではないので、挫折することなく、
  返済に向けて収入を得る努力するようにとの奨励もしました。

 「だれに対しても、何の借り もあってはいけません。ただし、互いに愛し合うことについては別です

  ローマ人138

 エイタ部族、デュマガット部族の貧困それに加えてアブラの
 アダセン部族への迫害は、私を悲しみの淵に追いやっています。

 しかし、私は、この終末期の末期、希望、力、勇気の提供者である
 主を見上げ、
私たちの前に備えられたクリスチャンとしての
 人生レースを走り切りたいと思っています。

v4036

  フィリピンの政治家にとっては、彼らが手にしたり(収賄にせよ何にせよ)、投資する 巨額なお金に
   比べれば、千ペソは取るに足りない金額です。
  フィリピンでは、政治家(前のアロヨ大統領と閣僚も含む)が政府の要職を辞めた あ とでも、
  何十億ペソものお金を手に入れるのです。

 私たちの国は悲しいこと に、いつも学校や建物の公共資金までもが、退廃した邪悪な政治的指導者の
   餌食(犠牲)になっています。

   技術的専門家によれば、もし強い地震がフィリ ピンを直撃すれば、七十%の市道、高速道路が
  被害を受けるということです。
  これら公共の
道路は安価な材料で建設され、
政治家のふところに大きな金額のお 金が入るのです。

 このお手紙で、いろいろ苦情を訴え、嘆 いたことをお許しください。
  しかし、私たちの国では富める者はさらに富み、貧しい者はさらに
  貧しくなっているのです。

   残念なことに、私たちの伝道は、貧しい人々に向けられています。
  もし政府の資金が、等しく配分されれば、私たちの国にいる
  貧困線以下の生活をしている人々の数は減ることでしょう。

   この手紙を最後まで読んでくださり、ありがと うございます。
  私たちはいつも日本の人々のことを祈っています。         

                     愛をこめて、
                    メアリー・ジェイン
flr014
map
  戻る「声」のページに 戻る     ページの一番上に戻る 上へ

表紙へ
              ホームページに 戻る