フィリピン からの手紙                                                 平成25年4月
 
メ アリー ジェーンの前の手紙go                 次の手紙次へ

  今 回報告に移動戻る

 次の報 告に 移動次へ

 ページ 最下段

   2013年4月3日

   フルダミニストリーの皆さま

   いつも皆さまのお祈りとご支援をいただき、ありがとうございます。
   二月末、脳梗塞で半身不随になった私の父は、まだ右手の自由はきかない
も のの、ようやく快復して歩けるようになり、     自宅に戻りました。

  コメント:メアリー・ジェーンのお父さんは、脳梗塞でマヒ状態になった後、ほぼ一日手当てを受けることが
           できなかったにもかかわらず、主の憐れみによって、奇蹟的な回復を遂げ、日常生活に戻られました

  計画していた、ザンバレス(Zambales)に住むアアエタ部族のための「快 適なトイレ・プロジェクト」は
  まだスタートさせていません。
  彼らは夏の季節(2月~5月)になると、ザンバレスの海岸で彼らの手工芸品を売 るのに忙しくしています。
  その間、できるだけ多く売って、雨季(7月~10月)に備えるのです。

  デュマガット部族に関しては、ブラ カン(Bulacan)にある農園で「野 菜づくりプロジェクト」に忙しい毎日です。
     ここではかつて、政府が彼らの土地を利用して、カボチャ、ナス、地 場の野菜などを生産していました。
     この4月、5月は毎日の聖書勉強会を開催する予定です。

     どうか私たちのためにお祈りください。

     メアリー ジェイン
map
  戻る「声」のページに 戻る     ページの一番上に戻る 上へ
表紙へ
              ホームページに 戻る