フィリピン からの手紙                                                 平成25年8月
 
メ アリー ジェーンの前の手紙go                 次の手紙次へ

  今 回報告に移動戻る

 次の報 告に 移動次へ

 ペー ジ 最下段へ

  フルダミニストリーの皆さまへ             2013年8月15日

  まず最初に、皆さまのお祈り、ご支援を感謝申しあげます。
  さまざまな試練、困難があるなかで、私がミニストリー(伝道活動)を続けられるのも
  
皆さまのお祈り、ご支援があるからです。

  私の祖父の死は、私を農業にもっと目を向けさせ、私たちの家族、国を養い支えていく
    食糧を確保するという夢・思いを与えてくれました。
  私の祖父は自分の水田を持つことなく貧しい農夫として八十六歳で亡くなりました。
  祖父のような多くの老農夫が、有機・自然農法を推進していく若い世代を見ることなく、
    貧困の中、死んでいきました。  

  今年はフィリピン産米の 年です。

  大統領が、フィリピ ン国民が消費するに十分な米の生産をするようにと、
    農家を奮い立たせています。

  しかし、悲しいこと に多くの貧しい農夫は子供たちの教育のため、また病気にかかったとき、
    薬を買うために、土地を手放してきました。
  水田の多くは今や、分譲地に変わり、実際に、ブラカン(Bulacan)では何千ヘクタールと いう
    土地にアパートや住宅が建てられています。

  ところが農業省はこ のような農家の問題が過去なかったかのように、今でも見て見ぬふりを
    しています。フィリピン政府は米作農民を支援するのではなく、米を輸入し、それを貯蔵し
    高い値段で売却します。

  いま、肥料にかかわ る新種の詐欺が発生しています。本来なら農家の肥料助成金に
    充てられるはずの多額の資金が詐欺師たちの手に渡り、国会は政治腐敗の罪に問われています。
    詐欺師たちは牢屋に入れられることなく、海外でぜいたくな生活をしています。

  ここフィリピンでは 有機・自然農法を推進していく組織体・団体はほんのひとにぎりしかなく、
  にもかかわらず、このような重大な問題が全く大きな動きとなっていないのが悲しい現実です。

   主は私に「食糧の確保・保証」を示されました。

  ミニストリーをして いくなかで、いろいろなことがありますが、
  土地開拓者も、諸々の部族も、地方に住む土着の人々も、
  それぞれが食糧を得るために、どのようにして資金作りをして
  いくかが、いつも課題になっています。

  彼らは食糧確保のた め、実にさまざまなことをしています。

  ザンバレス(Zambales)のアエタ部族(Aetas)は何 トンもの黒い砂
  (blacksand)を集めてそれを売り彼らの食糧を買っています。

  アブラ(Abra)のマバカ部族(Mabakas)は大変な 労力・時間をかけて 
  砂金をとり、食糧・その他のものを購入しています。

  同じように、デュマ ガット部族(Dumagats)も砂金と材木を売って
  米、その他食料品を買っています。

  売春婦は自分の身体 を売って彼らの家族を養っています。

   まさに彼らは食糧確保のために働いているかのようです。
  もし彼らが農業に目を向けそれに従事すれば(たとえそれが
  都市型農法でも)、安定した食糧確保ができるのにと、
  私は思います。



v5-104

新しい サイトができました

お訪ねください!

  有機・自然農法

   私は彼らの村を 訪問 するたびに、畑で早く収穫できる品種の植え付けをしたらどうか、
    そうすれば、お金を他の必需品の購入に回せると彼らにしきりに勧めてきました。
  もちろん、農業は時間がかかり、忍耐そしてお金も必要です。
  だからこそ私は、彼らに農業を広めたいと思い、そのため、もっと有機・自然農法を
  学びたいと思ったのです。

   残念ながら今ま で、 何度となく有機農法の推奨、計画がたてられていますが、
  ほとんど実行されていないようです。

   インターネット で調 べたのですが、フィリピンでただ一つの農場がそれを行っています。
  しかし、そのための訓練は非常に費用がかかります。でも私は有機農法の勉強、
  そしてその実践をしたく思っています。

  どこかの農場で、そ のような訓練ができるという情報があれば、ぜひお知らせ下さるように
  お願いいたします。

  私たちは今日の夕 方、パンガシナン(Pangasinan)に 向かいます。
   この土曜日(8月17日)に、そこで祖父は埋葬されます。
   皆さまのお祈り、金 銭的ご支援にあらためて感謝を申し上げます。
                   

  愛をこめて   メアリー・ジェイン

   あとがき

  810日、メアリー・ジェーンのおじいさまが亡くなられました。

  緊急手術後、八十六歳の高齢に もかかわらず奇蹟的な回復ぶりで、
  医者も二年間の余命を約束したのですが、主が祈りを聞かれ、
  おじい様を主の御許に連れさられました。

  先回すでにご報告しましたが、 おじいさまの奇蹟的な回復の半面、
  術後の食事療法に膨大な医療費がかかること、退院後も介護人の
  必要などで、メアリー・ジェーンの身内の方々は経費のねん出や
  世話人の確保に明け暮れる日々となったのでした。

  万策尽き、主のご介入以外に解 決策が見当たらない状態に追い込まれ 
  たのでしたが、愛の主は、祈りに答えてくださり、おじいさまに
  死の宣告以降、四十日間の奇蹟的な生命を増し加え、生きながらえ
  させてくださった後、御許に召してくださいました。

  この世で生命ある間にイエス・キリストによる救いを受け入れ、
  信仰告白した者の行く先は「パラダイス」、神の御許です。
  たとえこの世に最高の楽園があるとしても、それよりはるかにまさる
  安息の場所「パラダイス」で、おじいさまは最高の安息を味わって
  おられることでしょう。




v5-103

新しい サイトができました

お訪ねください!


  
  愛する者との別れは辛いものですが、この世に生きているかぎり、そのときはだれにでも訪れます。
  しかし、その別れが束の間のことで、再び愛する者たちと再会することができることを知っていたら、
  その道を選ばない人がいるでしょうか。

  唯 一真の神の言葉「聖書」を通して、そのことを約束しておられる神、イエス・キリストを受け入れる
  ことが、この世での死を超えた「永遠の生命」に連なる唯一の道です。

map
  戻る「声」のページに 戻る     ページの一番上に戻る 上へ
表紙へ
              ホームページに 戻る