フィリピン からの手紙                                                 平成26年2月
 
メ アリー ジェーンの前の手紙go                 次の手紙次へ

  今 回報告に移動戻る

 次 の報 告に 移動次へ

 ペー ジ 最下段へ

                                                                                  2014213
     愛するフルダミニストリーの皆さまに

   レ ポートに載せる写真の現像ができる店を、とうとう見つけました。
   技術革新のスピードが速く、皆がツィター、フェイスブックをするので、

   カメラを扱う店や現像ができる店を探すのが難しくなり、
フラストレーションがた まってしまいます。

   私はコンピュター の知識に乏しいので、写真をいまだE-mailで送ることができず、
   現像された写真をレポートに付けて郵送するしか方法がありません。

   今私たちは、頑丈 で居住用のNIPA小屋を造っている最中です。
   私たちの有機農園のグリーンハウスに隣接して造りました。
   庭に面していて、その続きが水田になっています。

   日本からの宣教、研修チームの若者たちが、この建物(主に竹を使用)を、フェローシップや
   御言葉への黙想の場として使用できるでしょうし、
寝室としても使うことができると思います。

Organic Garden map

  私の娘は今年一月以来、
  私の母と住んでいます。

  彼女は引き続き
  ホーム・スクーリング、

  -家庭学習- で
  学んでいます。

  私やチーム が山岳地帯 で
  宣教をしているときは、
  娘を連れていけないので、

  その間、娘は母の許におり、
 母にとっても良い相手に
 なって
いるようです。

  ところで、私の家族 について少々お話しますが、
  私の父(六十三歳)がいまだに
昔の生活スタイルを変え ず、
  昨夜もお酒を飲んで少し荒れ気味でした。

  彼は時々、伝道所に 来て飲酒をし、タバコを吸います。
  私はそんな父を見るといらいらするのですが、私はキリスト者として、

   父に対して引き続き良いことを行い、キリストの愛を示さなければ
  なりません。

  昨年の三月、神さまは、脳卒中から快復した父に二度目の回心の
  機会を与えてくださいました。

  しかし、私たちが何度も禁酒、禁煙を迫ったにもかかわ らず、
  聞き入れませんでした。


v5-106

新しい サイトを
お訪ねください

  私たちはこのような 問題、―自己快楽的、放縦な食習慣、生活習慣、聖書的でない性癖等々― 
  に対して、
どのように対処したらよいのでしょうか。

    私の親戚の 者たちは、祈っていけば、全能の神さまが道を示されると言いますが……
  どうか父の魂が救われるようにお祈りください。

  主の再臨を覚え、備えをしなければならないと思っています。
  
  後日、「主の再臨」の前の私たちの計画について報告をしようと思っていますが、

  当面の私たちのプロジェクトを下記にあげますので、お祈りく だされば幸いです。

1.デュ マガット、アエタ両部族のための持続する“FAITH Garden(信仰の園) ”を造る。
そこで、彼らの食料を生産し、自給自足の生活を送れるようにするのが目的

2.自然に豚やニワトリを飼育(有機飼育)し、市販の食肉に依存することなく、
肉類も自給できるようにすること

   私は以上のプロジェクトを実行可能とするための資料をお送りするつもりです。

   このようなプロジェクトを実際行っている一人の牧者がリザル郡にいます。
   彼は国家の食料を、そのような組織的農法で供給することに専心している推進者で、私 にも
  そうするようにと、奨励してくれています。
  
         

  多くの愛と感謝をこ めて

  メアリー ジェイン

map
  戻る「声」のページに 戻る     ページの一番上に戻る 上へ
表紙へ
              ホームページに 戻る