フィリピン からの手紙                                                 平成25年7月
 
メ アリー ジェーンの前の手紙go                 次の手紙次へ

  今 回報告に移動戻る

 次の報 告に 移動次へ

 ペー ジ 最下段

     フルダミニストリーの皆さま                                          2013715

  主イエスキリストの御名によりご挨拶します。
  私の祖父は今、ケソンシティーの病院の一般病棟にいます。
  管(くだ)を通して食事をとっている状態です。
   72日から医師が勧める食事(この食事は高額で1日当たり6,500フィ リピンペソ=約16千円)を
  しています。

  また手術以来、アルブミン(タンパク質の一種)摂取と輸血を続けています。

  祖父は五人の子どもを儲(もう)けました。
  私の母は長女、伯父は20114月に交通事故で亡くなり、
  一番若い伯父は2003年に銃で撃たれマヒ状態、もう一人の 伯父は農業従事で五人の子持ち、
  叔母は学校の教師で五人の子どもがいます。

  私の母と、伯父、叔母たちはできるかぎりのことをして(祖父所有の牛の売却など)入院、
  治療費用を捻出(ねんしゅつ)しています。

  明日、祖父はパンガシナン(Pangasinan)にある、自分の家に戻 り、
 自宅療養を 始める予定です。祖父の病状は確かに良くなっており、
 排便は定期的にあり、自分で座ることができるようになりました。

  医師の話しでは、祖父と同じ病気の高齢者の手術の成功率は10
 ということです。
  しかし自宅療養でも引き続き、管を通しての食事が必要になります。
  どうか、食事代を含め医療費が賄(まかな)えるよう
 お祈りください。


人 間には、一度死ぬことと

死 後にさばきを受けることが

定 まっている……

ヘ ブル人への手紙 927


  明日、祖父はパンガシナン(Pangasinan)にある、自分の家に戻 り、自宅療養を始める予定です。
  祖父の病状は確かに良くなっており、排便は定期的にあり、自分で座ることができるように
  なりました。

  医師の話しでは、祖父と同じ病気の高齢者の手術の成功率は10% ということです。
  しかし自宅療養でも引き続き、管を通しての食事が必要になります。
  どうか、食事代を含め医療費が賄(まかな)えるようお祈りください。

  あとがき

  メアリー・ジェーンの6月末の手紙では、おじいさまは内臓摘出を含む大手術 をしなければ
 生きられない とのことで、手術に臨むことになったのですが、高齢であることから、複雑な手術は
 無理で自然に任せることを医者が勧め、その道を選ぶことになった旨、お伝えしました。

  しかし、おじいさまの痛みとの戦いを見ることは辛いものがありました。そこで、盲腸と胃の一部を
  取り除く、比較的簡易の手術をすれば、痛みを緩和することができることが分かり、
  その手術を決行しました。

  結果は大成功で、おじいさまは、あと二年は十分に生きられると、医者から太鼓判が押 されました。
  術後の快復ぶりも驚くべきで、主が祈りを聞き、生命の道を開いてくださったことは疑う
  余地がありません。

  ところが、今度は新たな問題に直面することになったのです。
  術後から始まった特別食を続けなければならないことと、
  かさむ医療費 支払いの
問題です。
  おじいさまの手術代を捻出するだけでも財政的に
 限界だったのに、おそらく考えもしなかった出費に振り回される
  事態になってしまったのです。

  術後二十日たった現在、おじいさまは自宅に戻り、身内の人たちが
  交代で、お世話をしているとのことですが、おじいさまの認知状態は
  日によって大きく異なり、悪いとき、良いときの非常な差が
  生じているとのことです。
  
 主が、特別食への依存から早くおじいさまを解放してくださるよう、
 どうぞお祈りに覚えてください。

わ たし(キリスト)は
彼ら(牧者なるキリストに従う
羊の群れ)に永遠のいのちを
与えます。

彼 らは決して滅びることがなく、
また、だれもわたしの手から
彼らを奪い去るようなことは
ありません。

ヨ ハネ1028

   メアリー・ジェーンだけでなく、このような問題の板挟みになって悩んでおられる方々は多いに
    ちがいありません。

   不死を目標とするこの世の傾向は、飛躍的な医療の進歩、最新工学の助けによって、身体の部品を
  交換しながら生き続けることを理想としますが、聖書はそのようには語っていません。
  人はだれでも一度死ななければならないことを明確にしています。

   高齢になって身体の死を迎えることは自然現象で、だれにでも訪れる神の摂理です。
  もちろん、全知全能の神は、奇蹟や病の完全な癒しを、ご自分が御旨とされるときにはいつでも、
  人知をはるかに超えて起こすことのできる方です。そのような例は今日でも確かに起こっています
  (シンガポールの牧者に起こった癒しの証しをご覧ください!)。

   しかし、人類の救い主イエス・キリストが地上に戻って来られるまでは、奇蹟的な癒しで生命
  (いのち)永(なが)らえさせられた人をも含め、今生きている者はみな死ぬことが定まって
  います。

   この世の生命がすべてと信じている人たちがこの世の生に執着することは仕方のないことですが、
  聖書を信じるキリスト者は異なった考え方をすることのできる唯一の群れです。
  キリストの群れは、死後の真の希望、永遠の生命の約束に生きているのです。

  聖書は、神が私たちの願い、祈りに答えて、ご自身の御旨ではない
 ことも許してくださることがあることを語っています。
 しかしその結果、人は思いもかけない問題に巻き込まれることに
 なりますが、同時に、神は人の過ち、自己中心的な思いからの願いに
 対しても祝福の道を備えてくださる愛の神であることを、
 聖書は証ししています。

  数多くある中で、アブラハムの例を取りあげてみますと、
 イスラエルの族長アブラハムが、神の約束を自分の力で成就させ
 ようとした結果、生まれたのがイシュマエルでしたが、
 神はイシュマエルをも祝福し「大いなる国民」とされたのでした
 (創世記15章-181521章-21251218)。

事 実、わたしの父のみこころは、
子を見て信じる者がみな
永遠のいのちを持つことです。

わた しはその人たちを終わりの
日によみがえらせます。

ヨハ ネ640

  神は祈り求める者に、必ず道を備えてくださいます。
 八方ふさがりとしか思えないときにも、キリスト者には、祈って神の憐れみにすがる方法が
 備えられているのです。

map
  戻る「声」のページに 戻る     ページの一番上に戻る 上へ
表紙へ
              ホームページに 戻る