フィリピン からの手紙                                                 平成26年6月
 
メ アリー ジェーンの前の手紙go                     次の手紙
 次へ

  今 回報告に移動戻る

 次 の報 告に 移動次へ

 ペー ジ 最下段へ

                             2014610
  親愛なるフルダミニストリーの皆さま

   皆さまのお祈り、ニュースレター(フルダミニストリー月報)そして金融支援を
  ありがとうございます。

  2014年二~三月、東京ホライズン教会のFFNFunky Friday Night、大学 生、若者会)
  チームのフィリピン訪問伝道のあとの活動報告は以下の通りです。

  3月15~17日、 私たちはザンバレス(Zambales)のカワグ再定住地
  (Kawag Resettlement)を訪 問。
  カワグは私がザンバレスで宣教している四ヶ所のう ちの一つです。
  カワグは、アエタ部族の最初の再定住地で、私はそ こに2009年に「聖書の学び会」を
  立ち上げました。
  そこには教会という建物はありませんが、多くのア エタ部族のクリスチャンが
  住んでいます。

   2009年、 私はそこでアエタ部族出身のレックス・イグナシオ牧師に会いました。
  彼は、アエタの子どもたちのホームミニストリー(教会組織をとっている
  “Aeta Children’s Home Ministry”) の傘下で1991年からミニストリーを行っています。

  私の最初のアエタ部族との接点は、2002年、“Aeta Children’s Home Ministry
  (A.C.H.)”からの交換学生だったルツ・イグナシオを、IFL孤児院で教えたときから
  始まりました。

  2005年にルツ・イグナシオが孤児院を去って以来、私は彼女とその兄弟 たちとの連絡を
  取り続けてきました。

  
  ルツや兄弟たちの話によれば、2005年以降、“A.C.H.”は大きくなり、
  ザンバレスに多くの支部をつくりましたが、彼女たちは資金集めのために、
  小道具のように使われたとのことでした。


    た とえば彼女たちは、孤児院にいるアエタ部族の子どもたちのための寄付金を
  募らされましたが、子どもたちの食事は、実際は市場からの一番安い野菜や
  魚の干 物、コーヒーだったのに、肉、卵、ミルクほかの食事が与えられていると
  の偽りの報告がされたのでした。

  また子どもたちは高校も満足に終えられなかったの に、“Aeta Children’s
  Home Ministry
A.C.H.)”は、彼らを大学にま で行かせたと報告したのでした。

 キリストは偽善的な宗教家、形骸 的な宗教組織を非難された。

 「わざ わいだ。偽善の律法学者、パリサイ人。おまえたちは
  白く塗った墓のようなものです。墓はその外側は美しく
  見えても、内側は、死人の骨や、あらゆる汚れたものが
  いっぱいです。そのように、おまえたちも外側は人に
  正しく見えても、内側は偽善と不法でいっぱいです

  (マタイ232728

flr009

新しい サイトを
お訪ねください!

  当時、ローマの厳しい迫害下で 生きていたキリスト信徒に、励ましと警告の
  メッセージを送った使徒ヨハネは、終末末期、主イエス・キリストの再臨
  間近の時代に、背信の教会が世に満ちることを洞察して、後世のキリスト者の
  ためにも、「キリストの啓示」の書、『ヨハネの黙示録』と『ヨハネの手紙』を
  記した。

  「神を知っていると言いなが ら、その命令を守らない者は、偽り者であり、
   真理はその人のうちにありません……神のうちにとどまっていると言う者は、
   自分でもキリストが歩まれたように歩まなければなりません……偽りはすべて
   真理から出てはいないからです
」(ヨハネ第一246、:21

   「世 の富を持ちながら、兄弟が困っているのを見ても、あわれみの心を閉ざすような
   者に、どうして神の愛がとどまっているでしょう。子どもたちよ。私たちは、
   こ とばや口先だけで愛することをせず、行いと真実をもって愛そうではありませんか
   ……神の命令とは、私たちが御子イエス・キリストの御名を信じ、キリストが
    命じられたとおりに、私たちが互いに愛し合うことです
」(ヨハネ第一31718、:23

  ルツ・イグナシオと五人の兄弟 たち(最年少が二十一歳から最年長が三十四歳)は、
  それぞれ結婚して現在、子どもたちと一緒に、カワグに住んでいます。

  エゼキ エレ・グローリーと私は31517日、彼女たちを訪問し、教会および学校、
  それに多目的ホールの建設を祈り合いました。四月、五月は彼女たちとの祈りと、
  建築資材集め、この六月には建築を始めました。
  近くの山から資材を集め、祈りを込めて、少しずつ造っているところです。

  福音の担い手に対するパウロの確信の祈り

 「あ なたがたが、最初の日から今日まで、福音を広めることに
 あずかって来たことを感謝しています。あなたがたのうちに
 良い働きを始められた方は、キリスト・イエスの日が来る
 までにそれを完成させてくださることを私は堅く信じて
 いるのです
」(ピリピ人156
v4-089

  どうかこのプロジェクトを完成させることができるように、私たちとともに
  お祈り下さい。また、カワグで牧会をしているレックス・ イグナシオ牧師のために、
  彼が“A.C.H.”から独立 できることもどうぞお祈り下さい。

  彼は約二十年ものカワグでの牧 会で“Aeta Children’s Home MinistryA.C.H.)”
  から一ヶ月あたり2,000フィリピンペソ(約4,700円) の支援金を受けているだけです。

  私たちはひき続き、アエタ部族 とデュマガット部族のために、彼らの各家庭に
  野菜農園を作ることを目指した“Food Always In the Home 
  (F.A.I.T.H
:家庭にいつも食べ物あり)プロジェクト”を 実行していきます。

  どうぞ、皆さまのお祈りに覚え てください。

    心より愛をこめて、

    メアリー ジェイン

 PS: 東京ホライズン教会のFFNFunky Friday Night、大学 生、若者会)チームの
   フィリピン宣教を含めた今年一月から三月までのDVDを送りました。

   最初の何枚かの写真は「バハ イ・クボ(Bahay Kubo)」、あるいは「ニパ小屋
   (Nipa hut)」が完成したときのもので、仲間たちと喜びを分かち合いました。

   最後の幾枚かの写真には、カ ワグ、ザンバレスのルツと兄弟たちが写っています。
   ビデオはカワグで撮ったものです。

   FFNチームの最後の宣教地、ジュンジでの子どもたちとの写真は、
   私のカメラの電池が切れてしまったものですか ら、残念ながらありません。

map
  戻る「声」のページに 戻る     ページの一番上に戻る 上へ
表紙へ
              ホームページに 戻る