フィリピン からの手紙                                                 平成26年9月8日
 
メ アリー ジェーンの前の手紙go                  次の手紙
 次へ

  今 回報告に移動戻る

 次 の報 告に 移動次へ

 ペー ジ 最下

  フルダミニストリーの皆さまへ

   私たちの主、イエスキリストの御名においてご挨拶をいたします。
       e-mail
を長い間、差し上げなかったのです が、ここに7~9月の宣教活動報告をします

  この七月、私たちは、「家庭に いつも食料を!」(F.A.I.T.H : Food Always In The Home
  の運動を、カワグ(
Kawag)に住むアエタ部族の二十家族に対 して始めました。

  これからは種をまいて育てそし て収穫をするという私たちが教えた簡単な方法で、
  彼らが農業を続けていくわけです。私たちは毎週末、カワグに行って彼らの指導と、
  フォローをすることにしています。

  しかし、それは大変骨の折れる 疲れる仕事です。というのは私たちが、彼らに
  どのように作業をするかを、実際に示して教えなければならないからです。

  八月はジュンジ族の子どもたちを対象に集会を持ちました。
  さらに二十代前半のジュンジ族の若者を対象に、
  少なくとも月に一回開催するという条件で聖書勉強会を
  始めました。

        九月の最初の週には、再びカワグの アエタ部族を訪問し、
  各家庭がどのように農作業を進めているかを見てきました。
  さらに私たちはバレンズエラ
(Valenzuela) のカムカム

    (Camcam) で、子ども向けの新しい宣教を始め ました。

   まさにイエスさまが言われたように
  「収穫は多いが、働き手が少ない」状況です。


rose

新しい サイトを
お訪ねください

  それから、この三ヶ月の間に、 ある農場が有機の黒豚を売りに出していることを
  知りました。しかし、十五頭以上でないと売却しないとのことで、今、私たちは
  十二頭の雌豚、三頭の雄豚、計十五頭(一頭
15㎏、値段は一頭当たり7,500フィリピン
  ペソ)の購入(総コストは
112,500フィリピンペソ)を計画していま す。

  それらを飼育して何倍にも豚が 増えれば、私たちは、カワグ、サンマルセリノ
   (San Marcelino)、ウェア(Wea)、ナグササ(Nagsasa)地区に住む各アエタ部族にそれらの 豚を
  与えるつもりです。
  さらに、カラヒューム
(Karahume)、イポ(Ipo)、アンガット(Angat)に住むデュマガット部族
  にも分け与えることができるかもしれません。

   そうすれば、彼らがそれらをさらに増やし、彼ら自身がそれらを売却することが可能に
  なるでしょう。また私たちも、彼らのためにどのように市場で売却するかなどの方策を
  たてることもできるかもしれません。

  これは、もともと平野牧師の発案ですが、どうかこの計画が実現できるよう助け、
  お祈りください。

  いつも私たちのミニストリーに 対してお祈りくださり、また金銭的支援をいただき再度、
  フルダミニストリーの方々にお礼を申し上げます。

  皆さまあっての私たちのミニス トリーであることを感謝いたします。  

  主にあって

  メアリー ジェイン

   キリストは言われました。

  実りは多いが、働き 手が少ない。だから、収穫の主に、
   
収 穫の主に、収穫のために働き手を送ってくださるように
    祈りなさいと。

      主が同労者を送ってくださることを求めている
   メアリー・ジェーンの祈りを覚えてください

rose
map
  戻る「声」のページに 戻る     ページの一番上に戻る 上へ
表紙へ
              ホームページに 戻る