フィリピン からの手紙                                                 平成24年5月
 
メ アリー ジェーンの前の手紙go        次の手紙次へ

  今 回報告に移動戻る

 次の報 告に 移動次へ

 ページ最下段
 
                                                            2012年5月7日 

愛する フルダミニストリーの皆さまへ 

私たちの主イエスキリストの御名に おいてご挨拶します。
私たちのフィリピンでのミニストリー(2012年1月~4月)
の報告ができますことを感謝します。
いろいろな困難にもかかわらず、伝道活動ができることは
本当に主からの祝福だと思います。

     


     メアリー・ジェインの20121月 から4月の宣教報告と
     五月の予定です
     お祈りに覚えてください

56

                                                            2012年1月

   私たちはアブラ(Abra)に行き、兄弟(信仰の友)を訪問しました。
   私と友人のナフム牧師はラクブ(Lacub)からティネグ アブラ(Tineg  Abra)まで、
   徒歩で約50kmの山道を行きました。
   私たちは、村から村へと、信仰から離れてしまっている人々、そ して信仰が弱っている
   人々を励まし元気づけました。

   村々は山の中に点在しているので、私たちは登ったり、下ったり、川 を渡ったり、
   衣服がびしょぬれになったり、乾いたり
  (しかし背負いのバックパックは防水のため問題はありませんでした)、
   長時間にわたる訪問でした。

   このような伝道は私にとって初めての経験でした。


何をするにも、人に対してではなく、主 に対してするように

心からしなさい。あなたがたは、主から 報いとして、

御 国を相続させていただくことを知っています。

あなたがたは主キリストに仕えているのです 

     コロサイ人32324

4

                                                            2012年2月、
   私たちは再びイトネグ(Itneg)部族を訪問しました。
   彼らは、生計の一つとして金の採取に従事しています。

   訪問したとき、ある家族から、その一員のブロ・ナノロが腎臓結石で病んでいることを
   知らされ、私は彼に、マニラ・ケソンシティの国立腎臓研究所に行って最終診断して
   もらうようにとアドバイスしました。

   彼はそこで一ケ月にわたり入院、そして手術を受け、私はその間、入院費 用の支払い
   などの支援を行いました。
   またある政治家(議会議員)が 彼の入院および手術の際、支援をしてくれ、
   私は3月5日に退院した彼をラクブ(Lacub)の自宅まで送りまし た。

   神様に感謝します!

                                      2012年3月

  アンガット(Angat)のデュマガット(Dumagat)部族の 信徒が
  ノルザガレイ(Norzagaray)に来たので、
  そこで彼らとともに礼拝、賛美、聖書の学びを行いました。

  私の弟がポークシチューを作り、
  私たちは彼らと一緒に昼食をしました。

14

                                                             2012年4月
   私たちはイポ ダム(Ipo Dam)、アンガット ダム(Angat Dam)にいる
   デゥマガット(Dumagat)部族の信徒の信仰のフォローアップを行 いました。
   多くの人々が風邪、その他の病にかかっています。

   そこでは、ロージングという名前の老婦人がやはり腎臓結石にかかっていると の
   ことでした(添付した写真をご参照ください)。

   この5月には、
   ブラカン(Bulacan)で休暇を利用した聖書の学び会を計画してい ます。
   どうか、そのことについてお祈りください。

   また、どうか私の娘のhomescooling(学校に行かず、自宅で学習) についても
   お祈りくださればさいわいです。
   私は山岳地帯に住む上記諸部族のミニストリーに力を入れていますので、
   山岳地帯での伝道活動中は、私たち(娘)の住むマニラ・ケソンシティに
   すぐその日のうちに帰るというわけにいきません。
   ですから、私は娘とともにブラカン(Bulacan)に滞在したほうが よいのでは
   ないかと考えたりしています。

                                     あらためて皆さまのご支援を感謝します。                                                       メアリー  ジェイン

map
  戻る「声」のページに 戻る     ページの一番上に戻る 上へ
表紙へ
              ホームページに 戻る