フィリピンからの手紙    

平成21年8月        

  メアリー・ジェーンの前回の手紙 go!    次の手紙 13b1             

メアリー・ジェイン(Mary Jane)の手紙

                                                                      2009825
  敬愛する皆さんへ

  私の祖母(バルセリザ、Barceliza)のために皆さんがお祈りくださり、本当にありがとうございました。

   祖母は200986日、84歳直前で、天に召されました。昨年の8月は、私と彼女の誕生日を一緒に祝ったのですが、
 今年はそれが出来ず、悲しい思いをしています。私は、マンゴウの木の下で、私たち孫に彼女がしてくれた数々の
 良いことを想いだしながら今年の誕生日を過ごしました。

    私の祖母が亡くなったとき、私は複雑な心境でした。
 彼女が今や主とともにいるということは、私の喜びでしたが、一方で彼女が彼女の大部分の夢をかなえることが
 出来なかったこと、そして晩年には快適な生活を過ごせなかったことを思うと悲しかったのです。
 私は彼女がいなくなり寂しく思います。特に彼女が私の家を訪問したとき、散らかした部屋の掃除をしたり、衣類を 
 きちんとたたんでくれたり、また、彼女は私に縫いぐるみ人形を作ったり、ドレスなどの衣類を縫ってくれました。

本当に人生は短く、時間は、私たちが追いかけることが出来ないほど、どんどん走り去って行きます。祖母が遠く  に住んでいたこと、それに私が忙しかったので、私は祖母のために何も出来ませんでした。しかし今は、愛する主が
 彼女を見守ってくださっていることを信じます。

  去る8月14日、高速道路にのって、家路を急いでいるとき、私たちの車の右前輪が突如、パンクしてタイヤが
 破裂しました。私が静かに祈っていたところ、一緒に乗っていた友人のアルデナが「ハレルヤ、イエス様」と叫んだ
 のです。彼女は天使が制御不能となった車を停止させるのを見たというのです。確かに私たちの車は橋の下で止まり、
 エンジンはストップしていました。私たちは緊急車線まで車を押し、そこでタイヤを交換しました。タイヤが
 パンクしたとき、高速道路には車が走っていませんでした。

    神様は本当にすばらしい!
                                                                                  メアリー・ジェイン

For me to live is Christ and to die is gain.(私はキリストに生き、死ぬことは益である)” 
祖母のひつぎに書かれた言葉です。
   

  メアリー・ジェインの祖母上は、この春、嘔吐が毎日続くので検査した結果、大腸に腫瘍があることが分かり、
 手術を勧められました。しかし、83歳と高齢な上、非常に痩せて体力がないことから成功率50%とのことで、手術 をしないことに決めたのでした。メアリー・ジェインは田舎から祖母上を引き取り、自宅療養が始まりました。

祖母上は、祈ってもらうと気分がよくなることから福音に耳を傾け始め、主を受け入れました。主は力強い御手を 祖母上に置かれ、完全な癒しが起こりました。まさに信仰による奇蹟でした。三ヶ月後の検査で、腫瘍の形跡は全く ないと診断されたのです。

祖父上も同時に主イエス・キリストを救い主として受け入れ、高齢にしてキリストを受け入れたお二人の主にある 新しい人生が始まろうとしていた矢先の祖母上の老衰による召天でした。

今、祖母上バルセリザ姉(キリスト信仰に生きる者たちは互いに神の大家族の一員、兄弟姉妹です)は、天上の “パラダイス”(キリストを信じて死んだ者たちの天上の待合所)で、キリストとともに、地上に残された者たちの
 救いのため、執り成しの祈りをしてくれているに違いありません。肉体の死は、キリストを信じる者にとっては、
 サタンの束縛からの完全な解放(自由)です。新しい身体が与えられるまで、“パラダイス”で、先に死んだ他の
 信者たちとキリストの再臨の日を待ち望むことになるのです。

死んで身体が失われても霊魂が主の御許で生きている信者たちが、今後何らかの形をとって地上に現れるという
 ことは決してありませんが、主イエス・キリストの再臨のとき、ラッパの響きとともに、信じて死んだ者たちは
 全員、新しい不死の身体が与えられ、甦ります。そのとき、地上から携挙されて甦った信者たちとともに、父の御国 に入り、永遠に生きる者となるのです!

  メアリー・ジェインの祖母上に起こった癒しと高齢にしての信仰告白の奇蹟は神の力の証しであり、ここに記した 解説は、人間の造り上げた宗教の教えではなく、唯一真の神の霊感によって書かれた、聖書が語っていることです。
 キリストを受け入れる新生の歩みに遅すぎるということはありません。聖書の言葉は永遠の真理です。

もしあなたがたが、わたし(キリスト)のことばにとどまるなら……

あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします

ヨハネの福音書8:31

Flower


  戻る「声」のページに戻る     ページの一番上に戻る 上へ
表紙へ
              ホームページに戻る