フィリピンからの手紙    

平成21年7月        

メアリー・ジェーンの前回の手紙 go!      8月の手紙go!              

2009年7月30日

私たちの主イエス・キリストのお名前によってご挨拶いたします。

    ようやく私の最近の伝道活動をあなたに報告することができました。

7月は大変、忙しい月でした。

月の大半をバスに乗ってアブラそしてパンガシランに出かけていたのです。

  先月、何人かの牧師たちが私の祖父、祖母のために祈ってくれました。

私たちは今まで祖父母が救われるようにと、あらゆることをしてきたのですが、結果はむなしいものでした。

肉親への伝道は本当に難しいと思っていました。

しかし、ハレルヤ! 祖父、祖母ともに主イエスを救い主として受け入れました。

どうか今後も祖父、祖母のためにお祈りください。

    今年の私のミニストリーの焦点は部族への開拓伝道をしている伝道者たちへの支援です。

ジュニー牧師、クリストファー牧師、イメルダそしてビリー牧師への支援がそうです。

私たちは北部にあるカミグイン島そしてミンダナオ島南部のコタバトに伝道旅行にでかける計画をたてています。

  デュマガットの伝道は順調です。メソジストの牧師が聖書クラスを引き継いでくれました。

ですから、私は時間の余裕ができたので、かつて福音を語って、その後のフォローアップがなされていなかった
遠隔地に行くことができるようになりました。

開拓伝道者たちは、そのようなフォローアップを行っているのです。

   開拓伝道には生活物資の提供、健康に関わるサービスそして教育が伴います。

そのようなことを考えると、圧倒されそうになりますが、ビリー牧師が言っているようにまず小さなことから始めようと

思います。

  私たちはビリー牧師が始めようとしている小さな図書館、ミニ食料雑貨店そして地域に必要な幼稚園の設置の
支援を行っています。

どうか私たちが行おうとしているこれらのためにお祈りください。

  あなたがたの支援を心から感謝しています。

クリストファー牧師およびジュニー牧師に、オートバイを与えてくださりほんとうにありがとうございます。

                            メアリー・ジェインより

   


メアリー・ジェインの祖母上は、8月6日、召天

8月17日の84歳のお誕生日直前に、主は平和裏に祖母上“バルセリザ”を御許に召されました
残された祖父上の悲しみが早く癒され、信仰生活を全うされますよう、
また、メアリー・ジェーンのご遺族の方々の上に主の慰みと顧みをお祈りください

  ジュニー・Q.コディエン牧師の便り

                     2009年7月19日

  皆さんに


私たちにオートバイを与えてくださった神様とあなたがたにお礼を申し上げます。

おかげさまで、私たちの遠隔地にある教会へ行き来するのが大変、楽になりました。

メアリー・ジェイン姉妹が私のことを覚えていてくださり、このオートバイを購入する手助けをしていただいたことを

嬉しく思っています。以下は私の経歴です。

 

  私はジュニー・コディエンと言います。

私が2001年にメアリー ジェイン姉に会ったとき、私はYWAM(若者宣教師団)のスタッフでした。

メアリー・ジェイン姉たちは、ここアブラに短い伝道旅行に来ていました。あとになって知ったのですが、

彼女のお父さんは私が育った村の出身だったのです。

  2002年に妻と私はYWAMを脱会する決意をしました。そして、伝道が難しいと言われたパルパリトピットと
ルンバオで

開拓伝道を始めました。

  2004年、私の妻は、私と二人の息子を残して亡くなりました。
それからというもの、私は大変厳しい時を過ごしました。

というのは息子たちがまだ3歳と1歳で、二人の育児と同時に人々への伝道という仕事があったからです。

  メアリー・ジェイン姉は妻の告別式に来てくれました。それ以来、彼女は私のミニストリーに献金を送って
支援してくれています。

  20081220日、私は牧師であるセレステと再婚しました。

彼女はジュルコス・スーで二つの教会を牧会していましたが、昨年の4月、ここアブラの教会で牧会することとなり、

現在は私たちと一緒に伝道をしています。妻と私は、今四つの教会を牧会しています。


  155ccのオートバイは大変、性能が良く、私と妻それに2人の息子が移動するのに役立っています。

それに、ここアブラでは公共交通がほとんどなく(あるのはジープ、オート三輪)、交通にかかる費用は高いので

(このオートバイにより)時間と金銭の節約ができて、本当に助かっています。

 

  あなたがたが、私と私の家族に与えてくださったこの素晴らしい祝福に対して、本当に感謝を申し上げます。

   敬具

   ジュニー・コディエン

  クリストファー・ジャーディオリン牧師からの便り

2009年7月27日

  皆さんに


最も尊いイエスキリストのお名前により挨拶をいたします。

私はあなた方を思うたびに神に感謝する者です。

  あなたがたの金銭的な援助により、2009729日、オートバイを購入したことをここにご報告します。

オートバイはHONDAWave2008年モデルです。中古といっても、そのエンジンと本体は非常に良い状態で、

すでに、伝道、訪問に使用しています。

まさにこのオートバイはフィリピンの、ここ北ルーゾン地方における私の伝道活動に大いに役立つものです。

あなたがたは、わが国での主の働きに対し、献金を通して実に重要な使命を担ってくださっています。

  メアリー・ジェインと私は協働してわが国の部族、民族への働きかけ、キリストの福音宣教をしています。

あなたがたとの連携がなければ、私たちの使命の達成は不可能です。

あなたがたの寛容に対しての私たちの感謝の気持ちは、言葉で言い表わすことができません。

あなたがたの私たちに対するご支援を感謝します。

  そしてそのことにより、私の目標達成についての決意が促されたのです。本当にありがとうございました。

主はあなたがたの親切な行いに対して報いてくださることでしょう。

私たちは、決してあなたがたを忘れません。あなたがたはいつまでも私たちの想いの中にあります。

         神様があなたがたを豊かに祝福されますように

                            主の働き手として

                        クリストファー・ジャーディオリン
  戻る「声」のページに戻る     ページの一番上に戻る 上へ
表紙へ
              ホームページに戻る