メアリー・ジェーンの報告

   2010年7月~8月
 back前回報告に 戻る

次の報告に移る次へ
ページの最下部へ
7月24~25日 ザンバレスのエイタ部族のカップルの結婚式
結婚式の一週間ぐらい前に、彼らは「親契約」を結び、
その後、花嫁は、土地あるいは家畜(羊または山羊など)の形で

持参金を花婿側に渡します

im64
結婚式の前の夕食として山羊がほふられているところ
 
im65

結婚式を挙げた新郎、新婦

(十八才と十九才)

 im66

結婚式の前に子供たちと一緒に撮った私の母親です。
私たちは、結婚のお祝いとして米一袋を贈りました。
残念ながら、私のカメラのバッテリーが充電不足となり、結婚式の写真は撮れませんでした



新郎、新婦のいとこ、おじ、おばたち


im67
   im68 im69

 私の横に座っているのは、ケニリン(デュマガット族長の孫)です
 彼女はこの六月から子供たちに聖書を教えています。 
 私たちは教える
ための準備をしているところです

毎週末、デュマガットの村に行くとき、

私は娘のエゼキエレも一緒に連れて行きます。

彼女が二才のときから、私は歩いていくとき、

このように彼女を背負っていきます。

彼女は今もう八才です


  im70  im71
毎週、土曜日には、

ケニリンがデュマガットの子供たちに

聖書の中の話を教えます
 im72  im73

8月

どの子供たちも、袋に入った歯磨きとシャンプーを受け取りました

医療伝道のあった翌日、私たちは川でピクニックを楽しみました
デュマガットの子供たちは大喜び

七月末から八月末まで

シティオ・カラヒュームの
デュマガット部族の人々と過ごしました。

左の写真は合同メソジスト教会の
医療伝道の様子です。

私たちも子供たちに
歯磨きとシャンプーを供給しました
im74  im75

ジュンジの子供たちの

水泳パーティーの集まり

「声」のページに戻る   Go!   
                                ページの最上部へ

トップページに戻る
Home Page


an style="font-family: "MS 明朝";">