メアリー・ジェーンの報告

home                      2012年5月~6月 
 back前回報告に 戻る

次の報告に移る次へ
ページの最下

1Sep

 

  5月21~25日

  ブラカン(Bulacan)
 伝道所で子ども対象の
 夏休み聖書クラスを
 開催しました

 

 写真
 今年のテーマ
 「夏の楽しみ」

 写真
 おやつの時間 

 写真

  聖書クラスで使用する物、 資料

     5月31日~6月2日

 写真    ザンバレス(Zambales)に住むエイタ部族(the Aetas)の戸別訪問を行いました

2Sep


  写真
 エイタ部族の家族との昼食
(ご飯と魚)です

  写真
 ピンクの服を着ているのは
 ビズミヌス(Vizminus)で、
 白い服を着た婦人は
 彼女の義母で、
 彼女の六人の子どものうち
 四人が写っています

 写 真
 通りがかった母親と
 彼女の子どもも一緒に
 昼食を食べました

 写 真
 エイタ部族は竹の手芸品を
 売ることで生計をたてて
 います。
 子供たちが持っているのは、
 手芸品です。彼らの家の
 中には
竹が 置かれています

 (写真背景)

    写真 5月31日~6月2日

  ザンバレス(Zambales)に住むエイタ部族を訪問したときの写真です。
 私たちはいくらかの食料を持って戸別訪問をしました。
 もちろん彼らとともに祈り、聖書の中にある励ましの聖句を読みました。

  現在、彼らの最も気がかりなことは、彼らの代々引き継がれた土地が金持ちの 政治家によって接収され、
 今生計をたてている場所から、はるか遠く離れた土地に移されるかもしれな いということです。

  写真 6月15日以降

 5月、私は個人的にカミグイン島教会(Camiguin Island Church)新しい牧師に会いました。
 2001
11月に、私たちはカミグインに伝道旅行をしました。その当時、教 会の建物はなく、牧師も
 いませんでした。
 しかし八年後、主は写真写っている新しい牧師とその夫人をカミグインに住む人々のために
 送ってくださいました。

 2010年 以降、私はその牧師と手紙を通して、コンタクトをとってきました。
 そして、20125月に牧師夫妻に個人 的に会ったのです。
  clickメ アリー・ジェーンの手紙   
              
写 真   ここに写っているのは、私たちが送った本と四袋に入った古着です   

3Sep 
        写真      6月15日以降

フィリピン北部のカガヤン谷県(The Province of Cagayan Valley) にある

カミグイン島教会(Camiguin Island Church)と協働して伝道しました。

カミグイン(Camiguin)は台湾に近い島のうちの一つです。

私は、その教会で20012002年にかけて、ミッションパイオニア の一部を担当し、

2010年以降はその教会の新任牧師と定期的に連絡を取り、贈 り物を送っています

「声」のページに戻る   Go!   
                                 ページの最上部へ

トップページに戻る
Home Page