メアリー・ジェーンの報告

                    2009年 10                        home                          
Back 前回報告に戻る
次の報告に移る次へ

  最下部へジャンプ

   メアリー・ジェーンの手紙 go!

          2009年秋は9月から10月にかけて、フィリピンのルソン島に復旧の間もなく引き続き台風が上陸し、大変な被害をもたらしました。

     台風オンドイ(16号)ペピング(17号)で全半壊の家屋が約3300戸、避難者約37万人、マニラ首都圏で全域の約80%が冠水、
     大規模な停電発生で都市機能が完全なまひ状態となるなど、大惨事に見舞われ、その後も相次ぎ上陸する台風の影響が
     心配されました。

     しかし、台風20号は予想されたルソン島直撃コースから最後の瞬間にそれ、フィリピンは予想された最悪の事態から免れました。
     主は確かに執り成しの祈りを聞いてくださったのでした。

     9月初めにフルダミニストリーから送った衣類がタイミングよくフィリピンに届き、十月半ば、いち早く災害地の方々に届けられました。
     また、11月半ばには、クリストファー、ランド、メアリー・ジェーンの三人は、まだ修復されていない危険な山道を山岳地帯のボントックに
     お米などの支援物資を運び、地滑りで家を失ったベトワーゲンの五十家族に手渡し、喜ばれました。

im067 im068   

 


    2009
10月 4日~5日

    二つの台風(オンドイとペピング、2009年10月10日付、私のレター
    ご覧下さい)が過ぎ去ったあと、私たちはノヴリッチズの親戚や友人を訪ねました。
    台風の爪あとは写真のとおりです。私の弟と彼の妻が被災した人々へ、古着、食料品の
   救援物資を手渡す仕事をしました。

  私たちは五十世帯に救援物資を手渡すことが出来ました。
  しかし災害規模があまりにも大きく、全ての人々に手渡すことは出来ませんでした。
  しかし、皆さんから私たちの努力に対して、感謝をいただきました。

   

im069

   10月 17日~18日

   台風のあと二~三週間たって、私たちは被害が大きかったルソン北部のパンガシナンに
   行きました(パンガシナンの70%が洪水の被害をうけました)。

   脱穀された米は乾燥させるため、                    パンガシナンに行く途中、
   国道の片側半分の道路に置かれていました。          水に浸かったままの

                                                     一つの小屋がありました。

im071    im072         

  

      

                                          
 

    18日~20日

    私たちは、褐色カタツムリを水田で採取しました。それらは食用になります。
    褐色カタツムリは雨季、特に大雨のあとにたくさん取れます。住人たちは
    バケツや大袋に入るくらい多くのカタツムリを取り、しょうゆ、しょうが
    で料理します。

im075       im076


im070

水田の稲は収穫時期を迎えて

いましたが、大部分の水田が

台風のために水に浸かり、農民は

大変な打撃を受けました。

im073

im074

10月 29

サン・イシデュロ、ブライアンで私たちは総合ビタミン剤を配りました。

私とともに写っている子供は六歳の障害を持った男の子です。

彼の父親はすでに亡くなり母親も彼を残して、どこかに行ってしまい、

父親側の祖父母が彼を引き取って育てています。

 

この写真を撮ったとき、シティオ カラヒュームでは霧雨が降っていました。


  私たちは、
  パンガシナンでエイタという部族が
  小屋を建てるのを手伝いました。

im077
im078     im079     im080
「声」のページに戻る  Go!  
ページの最初に戻る

トップページに戻る
Home Page