メアリー・ジェーンの報告

   2010年10月
 back前回報告に 戻る

次の報告に移る次へ
ページの最下部へ

 十月に、私はジュンジの子供た ちとの集まりを持ちました。というのは、もう二年近く彼らに会っていなかっ たからです。

 悲しいことに、十八~二十才に なる彼らのうちの何人かは高校を卒業していなかったり、二人の青年は刑務所 に入っているとのことです。

 建設関係の仕事をしている若者 もいます。無断居住者が住む地区の伝道は部族への伝道より困難です。

 im88     im89

ノノイ牧師(左側で手を上げてい る)とジュンジの子供たち(といっても、もう彼らは成長して十代後半から二十代になっています)

    clickメ アリー・ジェーンの手紙 
   

サン・イシドロでの(食用)豚の飼育

  私はデュマガット部族にも(彼らの生計をたてる一助として)ボ チカ・ンヒ(薬局)を

  開設しようと努力したのです が、当局の認可がおりませんでした。

  その代わりに、サン・イシド ロでは(食用)豚の飼育、

  デュマガットでは養鶏(次 回、報告予定)をすることに決めました。
 
im90
 
     im91

   
10月30~31日

“ジプニー ”!

フルダミニストリーのご支援により、二台の中古“ジプ ニー”
(ジープを小型バス化した乗り物、エンジン はいすず)を購入することができました。
本当にありがとうございました

  
im92     im94

上左の写真は、シティオ マンド のデュマガットの人たちが

“ ジプニー(jeepney)”に乗っているところです

上 右の写真は、“ジプニー ”の中で楽しそうなジュンジの子供たち。

毎木曜日、これに乗って聖書クラ スのある教会に通います。

先に報告した(大きくなった)他 のジュンジの子供たちのために、お祈りください。

彼らの生活スタイルを向上させることは難しいからです。

im93
「声」のページに戻る   Go!   
                                ページの最上部へ

トップページに戻る
Home Page