メアリー・ジェーンの報告
   2014年3~6月
 back前回報告に 戻る

次の報告に移る次へ
ページの最下部
  clickメアリー・ジェーンの手紙                                                         v5-11

                               201431417

  私の娘と私はカワグ(Cawag)に行きました。FFNチームはここを訪 問していません。
  私はFFNチームが残していったカレーパウダーを持参し、アエタ部族のために料理し ました。 
 この小さな鍋で3回、料理し、イグナシオ一家とチキンカレーをいただきました

IMG 10 Mar.

 アエタの子どもたちのためにシャンプーを     アエタの子どもと楽しく遊ぶエゼキエレ
 持参、川で髪を洗いました


4月35日 ナグササの入江にて

私たちは、FFNチームが滞在中、楽しいときを過ごしたナグササの入江に行き、
そこで子どもたちと交わりのときを持つことができました

IMG 11 Mar.

  ナグササの海岸に住む子どもたちに、クレヨン、ぬりえの本、
鉛筆、それにスナックを持っていきました

5
月19~23日 ブラカン(Bulacan)での夏季聖書学校(VBS)

  アージェイとアレックスそして 私は、子どもたちに、
  今年の夏季聖書学校のテーマ「神さまの草木」について簡単に教えました


IMG 12 Mar.

  私たちは参加する子供たちの人数を絞りました。
 というのは、他のプロジェクトを実行するために、予算を削る必要があるからです

635
私たちはカワグで教会、学校/多目的ホールの建設に着手しました

    写真上段左:こ れは部族長の家の前にある多目的ホールの骨組みです

IMG 13 Mar.

  この地域では木材が少なくこれらの骨組みは少し割高になりすでに
15,000ペソ(35,000円 弱)のコストがかかっています

  写真下段左:横 縞のシャツを着た人はカワグのアエタ部族長であり、牧師です
   写真下段右:こ れは教会建物の骨組みです
       オレンジ色の水差しを持った人がレックス牧師です

     「声」のページに戻る   Go!   
                               ページの最上部へ

トップページに戻る
home