Escape

かつての過激派イスラム教徒が明らかにした
            すべてのクリスチャンが知らなければならない
                            イスラム教の秘密

              クリスチャンがもっと知らなければならないことがあるのです!

                                                                       down 最下部へジャンプ

以下の問答(質問と答)は、

元イスラム教徒でテロリスト

戦闘技術をイスラム教過激派の

若者に教えた経験を持つ

ダニエルシャエステと

ケン ハム

Answers in Genesisの社長)

のスタジオでの対談から

起稿したものです。


  以前、過激派イスラム教徒としてイラン革命にも深くかかわったダニエル シャエステはユダヤ人やクリスチャン、及び他の

異教徒を皆殺しにする任務についていました。しかし彼は今や生まれ変わったクリスチャンとなり、今日、イスラム教とはどんな

宗教なのか、そしてまたその信仰に対していかに適正に対応するかを皆に教えています。彼はイスラム教聖典の矛盾、そして

その警戒すべき指令さらにその世界観について明らかにしてくれました。イスラム教は現在、世界で最も急速に成長している

宗教ですが、大多数の“西洋人は”イスラム教が実際教えていることについて、限られた知識しか持っていません。

  アラー(コーランが教える神)の真の信奉者と認められるには、クリスチャン、ユダヤ人はじめイスラム教徒以外の人々を、

容赦なく根絶する活動に精力的に従事している者でなければなりません。それにもかかわらず、世界は何千という新しいモスクの

誕生を愚直にも歓迎しているのです!

  イスラム教徒は誠実だと広く思われていますが、イスラム教聖典(コーラン)はイスラム社会に住むほんの一部の人々に

よってしか読まれていません。アメリカはクリスチャン国家と言われていますが、ほとんどの人々が常に聖書を読んでいるわけで

はなく、それに従っているわけでもないのと同じで、イスラム国家と言われる大部分の国では、ほとんどの人々が常にコーランを

読んでいるわけではなく、しかもそれに従ってもいないのが実状です。

  ダニエルさん、あなたの経歴から始めたいのですが、子供時代はどのように
  過ごした
のですか?

  私はカスピ海近くのイラン北部で育ちました。私は名ばかりのイスラム教徒の家庭で
育ちました。しかし私の両親は、私を良い、信心深い少年にしようと望んでいましたし、

そのためにお金をかけてくれました。小さい時からイスラム教の教えを学び、九歳になる

までに、聖典であるコーランを始めから終わりまで暗記していました。そのことで私は自分が住んでいる地域では結構、有名だったのです。

 あなたの十代、大学時代はどうでしたか?
 イスラム教の
聖典であるコーランを暗記していたという事実は、
 あなたに
どのような影響を与えましたか?

  高校を終えるまでの私は忠実なイスラム教信者で、出来る限り毎日、宗教で決められた
ことを実行しました。シャー
(イランの国王)の時代には過激派は国にとって攻撃的で問題視
されました。ですから、イスラム過激派の指導者に連絡をとることは、容易ではありませんでした。しかし私は大学時代、イスラム自由闘争革命運動の活動家でした。

    私たちは
1970年代の後半、シャーの追放に参加し、アヤトラ ホメイニを支持して、
彼が権力の座につくことを助けたのです。

コーランは男と女の起源についてどのように語っていますか?

  聖書と全く同じことを言って
います。神は男を塵から創造し
女は男のわき腹から
生まれた。
そしてイスラム教の教理ではそれが女性にとって問題を引き起こして
いるのです。というのは
イスラム教は、女性は曲がった
あばら骨であり、誰もまっすぐに
することが出来ないと言っている
からです。

あなたのグループは国を制圧したのですが、あなたはその後どうしてイランから
抜け出したのですか?

1980年に私の同僚のアボルハッサン バニサダーがイランの大統領になり、私は国会の
議員席につけるよう選出されました。しかし私は議員になることを許されませんでした。
アヤトラ ホメイニと彼の過激派宗教家たちは政府をさらにコントロールすることを

決定し、ひそかに政治指導者たちを恐怖に落とし入れ、殺し始めたのです。

  結果として、大統領はフランスに逃れましたが、私は夜中に捕らえられ、他の四人の

同僚とともに死を待つばかりの牢獄に入れられました―私の妻と家族は私の居場所を知ることが出来ませんでした―。それは恐ろしい牢獄で、あまりの苦痛のため、私たちは死を

望んだほどでした。その四人の同僚は首に縄をかけられ殺されました。

  しかし私は
―後になってそれは神の守りと恵みであったと気づいたのですが―
その牢獄から解放され、二回の試みの結果、イランからトルコに逃れたのです。

あなたはどうしてクリスチャンになったのですか?

イランでは私は哲学を学びそして教えました。私は他の哲学それに宗教に興味があった
からです。私がトルコにいたとき、聖書を読む機会がありました。そして神は驚くべき方法で私に顕れて下さいました。トルコの、ある福音教会を通して神は私の精神と心の中で

偉大な革命を起こされました。

その教会の人々は、私に大変良くしてくれ、聖書の中の神様は人格があり、
この地上で、人生を通じて、神との関係を持つことができること
を教えてくれました。
他の宗教や哲学は死後において神との関係を説いています。ですから、それは驚きでした。
私はイエスに私の心を捧げました。

私は(私の人生の)根本に関わる決断をし、革新的な変化を体験したのです。

コーランは創造の教理について
どのように教えていますか?

 コーランは矛盾のある書物です。
ある箇所では、アラーは八日間で
世界を創造したと記述していますが、他の箇所では

四日(コーラン
4191012節)
となっており、またその他のところ
では、神は天と地を六日間で創造したとあります(コーラン
754節;
10
3節;24節;5038節)。

コーランは年代順に書かれて
いません。ある事柄から他の事柄へ
飛ぶのです。コーランの
85%は
口述によるキリスト教とユダヤ教
の伝承、そして他の宗教および
哲学から成っています。

 ですからコーランには真に
創造についてのしっかりした教理が
ないのです。



  

 あなたの奥さんはどうだったのですか?

  
  イスラム教では、もしキリスト教に改宗すれば、死刑が宣告され、あなたの家族は大変厳しい状態に置かれます。
最初、私の妻は大変、驚き、私がクリスチャンになったことに
対して非常に怒りました。しかし私は祈りを重ね、妻がイエスに
彼女の心をささげるように主に願いました。
その後、程なく、キリストが驚くべき形で彼女に顕れ、彼女は主を受け入れたの
です。

  私たち二人は、多くの悪いことをした過激派のイスラム教徒でした。私たちはすぐにでも
直接的あるいは間接的にジハードに
参加していたはずでした。それがイスラム教の教理
だからです(コーラン95節、2930)。いかなる真のイスラム教徒と
いえども、
ジハードを支持しなければ罪人です。
  しかし私たち二人がイエスに心を捧げたとき、私たちはイスラム教(宗教を行うこと
) を離れ、キリスト教(イエスキリストとの関係)に入ったのです。やがて私たちの三人の娘たちもイエスに従いました。

  あなたの奥さんと娘さんたちの人生はどのように変わったのでしょうか?

かつて私たちは暗闇に住んでいました。暗闇の中では真の幸福はありません。しかし私たちは、今、光の世界に生きています。
光の中では、真の自由、喜びそして幸福があり
ます。妻と娘たちは、彼女たちが男性と平等に造られた―それはコーランの教えとは正反対です― ということを今では理解しています。彼女たちは神様にとって貴重であることを知っていますし、私の心が
変えられたために、私が敬虔なイスラム教徒であった時より、
彼女たちは私にとって、より貴重な存在となっています。


                                                      

あなたは生活をする上で恐怖を感じますか?

最大の死の恐怖は、クリスチャンとユダヤ人そしてその関係者は殺されなければ
なら
ないというコーランにある言葉です。しかしそれに加えて私たちには時々、恐怖を
感じる
ことがあります。というのは、私はイスラムやモハメットのことを声を上げて
暴露しているからです。私は標的になっています。

 しかし聖書の神は主権を持ち、私たちは神が私たちを見守っておられることを知って

います。私たちの目的は、安全で快適な生活を送ることではなく、イエスのために生き、

死ぬも生きるも神の栄光をあらわすことです。それは全てのクリスチャンにとっても
同じです。

peace

それではイスラム教徒は女性をどのように見ているのですか?

  イスラム文化の中でも見方はいろいろあるのですが、イスラム教という宗教に限って
みれば、コーランは女性は男性に劣ると言明しています(コーラン
2228282節)。
何人かの偉大なイスラム教学者でさえ女性はものを言わない動物と同じ部類に入ると

言っています。

  そしてコーランは、夫は妻をなぐることが出来ると書いています。夫は妻が死ぬまで

一つの部屋に閉じ込めることが出来るのです。動物のように妻を所有出来るのです
(コーラン434)。女性は人間が生まれるためのなのです。そこに種をまくと、成長します。
  男は思いのままにその妻を使うことが出来、伝承によれば、モハメットは女性は家の外に

出てはいけないと言ったのでした。また男がいつ何時、妻をベッドに誘っても、妻が応じ
ない場合は、その妻はのろわれるとも言っています。
  このように女性について多くのことが語られています。

それでは女性は実際、どのように感じているのでしょうか? すなわち、
あなたの奥さんはクリスチャンになる前はどのようでしたか?

そこには問題があります。イスラム教徒は彼らの宗教が最後のもので完全だと考えて
います。キリスト教、ユダヤ教、ヒンズー教そして仏教はイスラム教の前に出来たので、

ひどくて悪い宗教だとするのです。イスラム教徒はアラーが女性を低く扱っているとしても、イスラム教は最高の宗教と考えています。彼らは、キリスト教では女性の地位が男性と同じ
レベルまで高められており、神は女性を男性と同様に愛しておられることを知りません。

  オーストラリアで、私は比較宗教学を教えていました。その講義を受けた女性のうちで
数人がキリストに心を捧げ従いました。また、そのほかの何人かはコーランにあるこれらの
屈辱的な言葉が実に心を動揺させ、不安だと話していました。

  しかし彼女たちは、それでも生きていかなければならないのです。なぜなら彼女たちはアラーが彼女たちをのろうのではないかと恐れていたからです。彼女たちは石を投げられるのではないか、あるいは子供たちが乱暴に扱われるのではないかと恐れていました。

  彼女たちは恐怖のなかに生きていたのです。






コーランは、罪のゆえ、死が
この世に入ったと、
語っていますか? 

死の起源についてコーランは
どのように語っていますか?

   イスラム教の教理は
 原罪に焦点を合わせていません。
 しかしアラーによれば、
 それは創造の前にすでに
 存在していたのです。
   言い換えるなら、
 アラーが罪と死の原因なのです。


イスラム教徒は愛について知っていますか?

  
  コーラン、イスラム教において、愛は奇妙なことがらです。イスラム教では「関係」
という概念がないのです。
コーランのなかで、モハメットは、あなたがそうしたくても、

妻を等しく扱ってはならないと言っています。
  私は中東の文化を語っているのではありません。そこには素晴らしい愛の物語が
存在します。しかし愛の物語はコーランの中にはありません。イスラム教の教理にもあり
ません。聖書では男性は女性を愛するようにと命じています。しかしコーランでは反対の
ことが語られています。アラーを喜ばせるために、あなたは妻を動物のように扱い、
子供を生む畑のように使わなければならないのです。


 

イスラム教徒はノアの箱舟を
探すことに興味を持って
いますか?

 いいえ、それはクリスチャンの

世界だけが興味を持っている

事柄だと思います。

コーランは人類の堕落についてどのように教えていますか?
 コーランによれば、アラーが罪を創ったのです。アラーこそが人類に罪を犯させたのであり、悪魔が人類に罪を犯させたのでは
ないのです。イスラム教の伝承によれば、創造が
なされた四十年前に罪は存在していたというのです。コーランのいくつかの箇所をみると、神は自由意志(自由な選択)を持った人間を創造したとあります。しかしその91章ではアラーが人間に堕落と正義の両方を
起こさせたと言っています。

それでは何が導かれたのでしょうか?
今日のイランの人々は起源について何を信じているのですか?

 彼らは進化論を認めています。しかし彼らはアラーが創造したことも信じています。私がイランに戻ってきて、十八年が
経ちますが私の知るところでは、この矛盾した信仰は
変わっていないのです。彼らは、人間は猿のようなものから進化した
―神の手中での進化
(有神論的進化)―というのです。

コーランはノアあるいは地表を覆った洪水について語っていますか?
 
  はい、ノアは有名な預言者です。コーランはノアが船を造ったと書いています。それは
全地球を覆った洪水については何も語っていませんが
ああ、地よ、水を飲み込めそして
止めよ。ああ、天よ
と記述しています(コーラン1144)。これは庭とか一軒の家が
水に浸かった場合を言っていると思われます。

      
 go    「イサ」、
      イスラム教のイエス
       のページへ

コーランはどのような様式で書かれていますか?

  アラビア語で詩の形式をとっています。ガシーダと呼ばれ、基本的には戦争の詩です。行って、ユダヤ人、クリスチャン
そしてその関係者を殺せと、何百回となく語っています。コーランは戦争についての本であり、イスラム教徒を世界に対して反抗
させるのです。

ほとんどのイスラム教徒がコーランの教えを公に質問したり、(その内容について)懸念を示さないのはどうしてですか?

答えは簡単です。もし誰かがコーランを批評するなら死刑になるからです(コーラン81012節、3336節)。それを学ぶ
ことは出来ますが内容についての質問は出来ないのです。間違いあるいは矛盾を指摘することは、アラーとその使徒である
モハンマドに反抗する行為であるとみなされます。
  コーランの812節には「あなたの指と頭は切断されなければならない」とあります。たとえ(コーランの)学者がそのような
ことを質問されても、彼はすぐさま、議論を変え、他の話題に話をもっていきます。イスラム教ではコーランとモハメットの権威について質問することは出来ないからです。イスラム文化とイスラム教の中には決してコーランの矛盾の指摘あるいは批判をしては
ならないという途方もない恐怖とプレッシャーがあります。

コーランは人間が天国に行くことが出来ることについてどのように語っていますか?

  その19章には、アラーが最初に地獄へ正しい人々と罪の人々の両方を送ると書いてあります。もし彼らの良い行いが悪い行い
より勝っており、天国に通じる髪の毛ほどの薄い小さな橋を渡ることが出来れば、そこから天国に行き、それが出来なければ火の中に落ちるのです。

コーランはイエスの死と復活についてどのように教えていますか?

  それは、イエスは死ぬことなしに天国に行ったと書いています。イエスは十字架には、かからなかったとしています。
コーランと伝承によれば、ユダヤ人はイエスを十字架につけようとしたが、アラーがイエスを殺そうとした人々のうちの一人の
顔を変えた。(
顔が変えられた)彼は“私はイエスではない、私はイエスではない、私を殺さないでくれ!”と叫んだが、人々は
イエスの顔に変えられた彼を見て、十字架にかけた。それと同時に、イエスは十字架にかけられず、死ぬことなく天国に引き上げられた。
そして今、イエスは天国にいるというものです(コーラン4175178)

「ユダヤ人、クリスチャンあるいは異邦人を殺害した自爆テロリストには七十人の処女
および天国への確かな道が備えられる
という考えはどこからきているのでしょうか?

“七十人の処女”の考えはモハメットが語ったとされるイスラムの伝承から来ています。コーランには七十人は出てきませんが、ジハードに関わった者たちへの報償として多くの
乙女(処女)が与えられると書かれています。ジハードはイスラム教徒でない者たちに対する
戦争を意味するアラビア語です。
  女性に関するシャリアの法律(イスラム社会および生活全般にわたる法律)には次のようなものがあります。

      娘は財産の3分の1を相続するが、息子は3分の2を相続する。

  離婚する場合、夫は妻を離縁すると三回言わなければならない。


その妻が再婚する場合、夫は子供を自動的に自分の保護の下に置くことが出来る。

  女性は法廷で証拠を述べる際、男性が証拠を証言する場合と比較して、2分の1の価値と 
 みなされる。

  妻は夫から性的要求があった場合はいつでも応じなければならない。

    夫は四人まで妻を持つことが許可される。

    結婚している男性は彼のめかけあるいは奴隷の女性と性的関係を持つことが許される。

    いくつかのイスラム国家ではイスラムの女性はイスラム教徒ではない男性との結婚は許されない。しかし、イスラムの男性はイスラム教徒ではない女性との結婚が許される。

    シャリアによれば道徳を守り、性の混乱を防ぐために、女性は顔を含む体全体を包まなければならないとされ、女性は自由な服装をすることが出来ない。

イエスキリストとモハンマドの
大きな違いは何ですか?

  コーラン自体は偉大な預言者
モハンマド(AD570〜632頃)は
罪人であったと記しています。
モハンマドは聖人であったとは
言っていません。彼は天国に行くのか、それとも地獄に行くのかを知ら
なかったのです 
(コーラン46章9節)。

  しかしコーランはイエスは
完全で聖く、「ことば」そのもので
あり、神の霊であり、天国で生きて
おられる
(コーラン4章171節;19章17〜19節)と語っています。 これが、多くのイスラム教徒が主イエスのもとに来て信ずる理由の一つです。
そしてこの部分が、 私たちクリスチャンがイスラム教徒に対して関心をもたせることができるところなのです。すなわち彼らに次のように

問えるのです。


「私たちは今も天に生きておられる

神の子と関係を持つことが出来るの

に、どうして(あなたがたは)

死んだ罪人に従うのですか? 」と。

アメリカそして他の西洋の国々の多くの人たちはイスラム教は他の別の宗教であり、イスラム教徒は善良な人々に見えると思っています。この点について、どのように考えますか? 

 “イスラム教徒は善良な人々に見える”とのことですが、これはイスラム教によるものではありません。それはイスラム文化から来ているのです。しかし、西洋の人々に理解してほしいことは、イスラム教は平和の宗教ではないということです。
ジハードに関わらないイスラム教徒は罪人とみなされるのです。それがイスラム教の教理なのです。

クリスチャンはイスラム教徒に対してどのように対応したらよいのでしょうか?

私たちのイスラム教徒への対応は、彼らの心に触れるために、キリストの伝道の精神を通して、彼らの力を得ることです。すなわち以下のようなことです。イスラム教徒は神が確かに救われることを知っています。しかし彼らは、神が彼らを救われるということを知りません。神が彼らの救いのために代価を払われたこと、そして彼らが立ち返るためにキリストを通して道を
用意されたこと
を彼らは知らないのです(ローマ人への手紙51819)
  イスラム教徒は神が全能であり、遍在し、現在そして未来にわたり全てをコントロールされることを確かに知っています。
しかし神が、彼らに救いの確証を与えることができるということを知らないのです。
  皮肉にも、イスラム教徒は、コーランの中にも書かれているのに、あまりにもイエスの特徴を知らないのです。もし彼らが、
しばし時間をかけて、コーランの中に書かれているイエスとモハンマドを比較するなら、彼らはイエスの方がはるかにすばらしい
ことにショックを受け、感嘆することでしょう。
  全てのイスラム教徒は神が第一優先でなければならないことを信じています。これはクリスチャンがイスラム教徒に神に
ついて学ぶ心を開かせる手助けとなります。イスラム教の言語では宗教というのは「道」を意味します。イスラム教徒は「道」を
発見するために、開かれた心と目で探求するということに目覚める必要があります。

  彼らは自身の宗教書をよく知るということにあまり熱心ではありませんでした。事実、イスラム教徒がクリスチャンの信仰を
理解することを困難にしている大きな障害の一つにコーランと聖書を比較する能力の欠如があるのです。

    

(ダニエル シャエステ博士はテヘランの大学で学び、後にトルコそしてオーストラリアでも学び、国際ビジネスの博士号を持っています。2冊の著書があり、現在は、イスラム教の誤りを明らかにし、真理の光を述べ伝えるために、世界中を旅しています。)

[Translated from a quarterly news paper, “ISRAEL & Christians Today” UK Issue June ’08]  M
 

  ―英国の専門紙ISRAEL & Christians Today20086月の記事から抜粋−
       イスラム世界で昨今、イエス・キリストの直接啓示によって、キリストを受け入れるイスラム教徒が増えている。
      西暦一世紀の初代教会に頻繁に起こったことで、この世の宗教の枠を超えて、真理を求める者たちに、
        神がご自身を顕わしておられるのだ。
        政治、経済、宗教、道徳、すべての人間組織、規律の破たんが加速している今世紀、
        聖書が明確に預言している「キリストの再臨」のときが非常に近いことを思わされる。 
 

up最上部へジャンプ
『キリストの証し人たちのページ』へBack       home